« オーロラ | トップページ | 茶花 »

2012年1月30日 (月)

お茶の大学 第4回講座『日本茶の魅力を世界へ発信~茶産地からの提言』

今日は、お茶の大学 第4回講座『日本茶の魅力を世界へ発信~茶産地からの提言』に参加。

427305_198247853606888_100002650246

本日の教室。和束青年山の家にあるセミナールーム『テラス和豆香』(京都府相楽郡和束町大字白栖猪ケ口25-5)

和束カフェからすぐ。公園、グラウンド、宿泊施設も備えている。裏にはすぐ茶畑。サミット開催にはもってこいの場所。

Dscn3228_768x1024  Dscn3230_1024x768

1月4日~21日までの震災復興お茶キャラバンのお話も聞けて、盛り沢山な内容でした。

Dscn3232_768x1024_2  Dscn3240_768x1024  Dscn3245_768x1024_2

後半、『茶産地からの魅力発信』とテーマで『ITFA国際茶園協会』に加盟している茶園の紹介や、欧米の緑茶事情の紹介があり、参加者との意見交換が活発に行われる。

・日本の茶は標準化されすぎ。スタンダードテイストも必要だが、自分の茶園ならではの味で勝負するべきだし、していける。
・茶はsmall business に適している。

若い茶農家さんの、真剣なまなざしがとても印象的。

Dscn3247_1024x768_3 Dscn3248_1024x768_3

そのあと、『世界茶産地サミット』の説明を伺う。

今年3月10日~11日に当地すぐ東隣りの『和束茶カフェ』がメイン会場となって開催される、お茶のお祭り・フェスティバル。ITFAに加盟するインド、インドネシアなどの茶農家も参加するイベント。

 

概要の説明の後、イベント内容に関してかなり活発な意見交換が行われた。

Dscn3251_1024x768_3 Dscn3253_1024x768_2
397323_198321940266146_100002650246 みんな席立たないんだもの・・・

開催時期、スポンサー、サポーター、そして集客の問題。

農家の抱える課題・不安。茶をめぐるビジネスのあり方。そして何よりも日本茶の魅力を世界に発信していく夢。

 

熱い若者たちが、熱く語り合う、冬のひととき。貴重で有意義な時間でした。

« オーロラ | トップページ | 茶花 »

お茶のこと」カテゴリの記事

コメント

この夜、わたくしのブログ友達であるnabetsumaさまよりいただいたレポートを、ディスカッションしたみんなでシェアさせていただきました。本当にありがとうございました!今後に必ず役立てていきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« オーロラ | トップページ | 茶花 »