« 茶事の準備 | トップページ | 竹伐り »

2012年11月28日 (水)

口切りフレンチ茶事(勉強会)

ついにこの日が来ました。

春から準備を重ねてきた口切茶事です。

Nov232012005 逸翁美術館 人我亭

前日からの冷たい雨が、庭の木々を濡らしていましたが、茶事の始まるころには次第にやみ始めました。

皆様には食事を召し上がっていただき、口切、炭手前のあとお濃茶、薄茶を楽しんでいただきました。

171968_369746199782210_214062062_o

 

Nov232012060 お正客に御茶入日記をお渡しします

Nov232012063_3 口切のための小刀は吉岡棟梁にお借りしました

Nov232012115

炭の準備をさせていただき、岡田さん、花田さんにお濃茶を所望いたしました。

Nov232012148 世界茶会主宰 岡田宗凱さん

Nov232012251 南坊流 花田宗克先生は、サラリーマン陶芸家平金昌人さんの茶碗で。

Nov232012313 一碗が交わされます。

 

濃茶の後は、場所を変え即庵での薄茶

Nov232012366 ウミネコ楽団の五月エコさん。

中立の銅鑼に代えて、アコーディオンの演奏をお楽しみいただきます。

 

Nov232012418 椅子席の即庵では和やかに会話が弾みます。

Nov232012390 薄茶席のお点前は播州大工茶人吉岡道雄さん

Nov232012412 サラリーマン陶芸家 平金昌人さんにお願いしました。

 

224169_496891163685229_1983359494_n

生まれて初めてのお茶会。皆様に温かく見守られて、私自身は大変多くのことを学ばせていただきました。

お茶を通じて、主客が心を交わし一座を作りあげていくことの素晴らしさ

細部に心を配り、大胆に点前をすることのむずかしさ

何よりもお茶を介しての人との交わりの緊張感と温かさ

 

最初に体験するお茶会が、こんなに素敵で、少しほろ苦く温かいものであったことに、心から感謝しています。これからも茶友との絆を大切に、ますます精進していきたいと思います。

« 茶事の準備 | トップページ | 竹伐り »

お茶のこと」カテゴリの記事

コメント

口切り茶会有難うございました〜♫
こんな素敵な茶会を紹介しない訳にはいきません。
真心籠った素敵な会に万歳!!

ハナピーさま
コメントありがとうございます!次回も、乞うご期待!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572809/56211465

この記事へのトラックバック一覧です: 口切りフレンチ茶事(勉強会):

« 茶事の準備 | トップページ | 竹伐り »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ