« 湿っぽい | トップページ | 気がつくと1か月 »

2013年7月 7日 (日)

織姫彦星

七夕の今日。

Dscn8025_1024x768


いつもは第一日曜日が定例の公園掃除の日。でも今月は、第二日曜日に市全域の一斉清掃が予定されているので、例年、日を合わせて二週目の日曜日に変更する。

前回の掃除の際に、その場にいらした皆さんにはお伝えできたけど、来られていない方もいたので、一応、いつもの時間に集合場所に行って待機。

やはりお二人集まってきてくれた。来週ということを伝えたあと、しばし語らう。

993305_437500036348334_1145636733_n
春ごろには、全く生気がなく枯れたようになっていた梅の木。ようやく葉が茂ってきた。

今、はやりの梅リンモン病(輪紋病)ではなさそうで、一安心。

 

その後、ずっと行きたかった京都府福知山へ。中国道⇒舞鶴若狭道を通って、約1時間30分。

Dscn8027_1024x768 明智光秀が建てた福知山城

福知山市は北近畿の都。山間を抜けると、大きな都市が広がっているような景色。市街は城を中心に作られた城下町で、古く大きな町の印象。

 

お目当ては、情報ステーションほっこり図書館

1053411_437353013029703_329459631_o


車の整備工場の事務所の一角にある、私設図書館。本のラインナップも良い。決して“読まなくなった本”ではなく、“読みたくなる本”だった。

発起人(?)の方はいらっしゃらなかったけど、スタッフの方が丁寧に説明してくださり、少し気になっていた、車のオイル点検もしてもらえた。大変お世話になりました。

 

 

帰りに、今少し気になっている“養蚕”の資料をもらおうと、博物館“丹波生活衣館”に立ち寄る。小さな資料館だけど、機織り機が並び、明治から昭和初期の夏の晴れ着が展示されていて、あらためて今日は七夕だったなあと思いだした。

お目当てのDVDは扱っておられなかったが、こんな素敵な本を手に入れました。

1106143642


さすが福知山は、養蚕・ちりめんの繊維産業で栄えた町。ハレの日の衣装や、野良着、季節ごとの衣類など、明治から昭和初期までの、素敵な写真が収められている素敵な本でした。

 

帰りは少し雨模様で、山間は霧模様だったが、トンネルを抜けると快晴。

Dscn8030_1024x715

 

日暮れまで待てば、天の川が見えたのかもしれない。

« 湿っぽい | トップページ | 気がつくと1か月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

朝日の記事を拝見。
エカキが「これって・・みつよめさんでは?」と見つけてきました。
図書館が民営化されつつある現在、
部長さん、大活躍ですね〜
wink

nabetsumaさま!
お久しぶりです~!メッセージありがとうございます!

ははh~!見つかっちゃいました!そうなんですよ~載っちゃいました!
明日はTVの取材があります~。カエボン部、思いのほかの反響です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572809/57745954

この記事へのトラックバック一覧です: 織姫彦星:

« 湿っぽい | トップページ | 気がつくと1か月 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ